Dec
01
2005

横須賀功光の写真魔術「光と鬼」

行ってきました、写真美術館で開かれている横須賀氏の写真展。
んー、スゴイとしか言いようがない。
好きとか嫌いとかそういう次元じゃない。
「写真」を追い詰めるところまで追い詰めた
ギリギリ感に狂気さえ感じる。

学生の頃は、
「資生堂の写真を撮っていた現役のゼミの先生」
って位の認識しかなかったので、このような作品を撮っていたのを知って正直衝撃でした。

あー、もっと色々書きたいんだけど、
仕事で疲れきってしまって表現がいつにもまして貧弱なので、
時間があるときにでも。

作品集の中での荒木氏のコメントが非常に分りやすい。
「武士の功光、商人の篠山」
(両人とも日芸。)

コメント

ページの先頭へ