Mar
21
2006

女の子ものがたり

皮膚科の待合室に置いてあった、西原理恵子の「女の子ものがたり」。
「私の順番よ、来るなー!」
と思うほどのめりこんで我を忘れて読んだ。

せつない。
泣けた。
花粉症で良かった。
お話は、一人の少女が友達とともに成長する様を描いたものだが、
貧乏で最低限の生活を強いられている子供たちは、
苦しいけれど笑っている。
笑うしかないのだ。

* * *

私の中学時代はキョーレツであった。
そして友達もキョーレツだった。
新大久保という「ヤクザ」な町で
色んなことをして自分の居場所を探していたなぁ。

捕まった子も、学校に来なくなった子も、いじめてた子も、
いじめられていた子も、悪いことしていた子も本当はすっごく良い子でやさしくて。
どうしてこんなに良い子のことを、大人は分からないのだろう。
寂しいだけなのに。
早く大人になりたかったんだなぁ。

先日ある人に「かわいい写真」だと言われた。
「性格が悪い人が撮るような写真ではない」と。
普段、腹の中が真っ黒で毒舌な私は
恥ずかしくて顔から火が出そうだった。。。

中学の頃のような、純粋で透明で無垢な時間を
探しているのがバレたかと思って。

やっぱり写真を見てもらうのは、未だに恥ずかしい。

コメント

コメントが1件あります

  1. […] 西原氏の半生が垣間見れる記事。 体験モノは殆ど読んだことはないのだけど、「女の子ものがたり」のような情緒系が好きで、家の本棚にも何冊か並んでいる。(西原氏の生い立ちは作 […]

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ