Feb
26
2005

ダイアン・アーバス展

ギャラリー小柳で開かれているダイアン・アーバス展を見に行く。そういえば、自ら金を出して買った初めての写真集は彼女のだったなぁ。。セールだったというのもあったけど(当時高校生)、彼女の「強い」写真はやっぱり衝撃でした。彼女の生き方が、被写体を通して痛いほど伝わってくる。

ギャラリー小柳は今回が初めて。打ちっぱなしコンクリート風のこざっぱりとした空間。作品数が少なかったのがちょっと残念です。プリントはアーバス・エステート承認のセルカーク・プリントとのことですが、スポッティングがちょっと濃いなぁ。。。とか、そんなところに目が行ってしまう自分が嫌。。。純粋に作品を楽しみたいのに。。。良くない癖です。

ファインアートとしての写真についていつも考えるのだけど。。。オリジナルプリントを見る機会というのは、興味がある人がわざわざ写真展に足を運ばないと見れないわけですよね。なぜこれがアートとして成り立つのか、考えることもあまりないと思う。「写真」というメディアがあまりにも身近すぎて、その価値を見出すのもなかなか難しい。。。

。。。「写真を見る目を養うこと」などについてダラダラ思うことを書いたんだけど、ここまで書いてやめてしまった。考えがうまくまとまらない?。中途半端でスイマセン。(いつも中途半端なんだけど(笑)

ダイアン・アーバスの話に戻ると、彼女のバイオグラフィーを洋書で買ったんだけど、バイオグラフィーを英語で読むのはキチィ?!ので、まだ読んでませんが、写真集Revelationsの方は、写真に加えて彼女の生前の資料もたくさん載ってますので、読みやすいと思います。

コメント

ページの先頭へ