Jan
06
2009

World photo press 2008 を見に行ってきた

なんだかんだ言って毎年見に行ってるんだけど、イスラエルで見るのはもちろん初めて。Ynet主催でDizengofセンターの上の階で11日までやってます。入場料は25シェケル。

今年は紛争に近いところに住んでいるだけに、写真に写っている出来事も他人事として見ることはできない。Local testimonyというセクションでは、イスラエル国内のドキュメンタリー写真がまとめて展示されていて、まだ見ぬイスラエルの知らない世界が写しだされていた。毎度のことながら、展示の後は心が重い。

目を引いたのはBnei Hamenashe Remarryというストーリー。現在インドのマニプールやミゾラムでは、7000人ものBnei Hamenasheという民族がユダヤ教に基づいて暮らしているという。自分たちのルーツを求めてイスラエルへ移住し、再度宗教結婚式をあげている。この記事でも取り上げられているYaqovさんは、移民としては最高齢の97歳だそうです。

写真展自体はイスラエルらしく(?)そっけない感じで、ただ移動式パネルに写真を貼って見せているだけ。東京の写真美術館での展示と比べたらこりゃないだろう。。。って思ったけど、そこは比べるのはよそう。

World press photo 2008 (今回の展示内容)
Local Testimony – Israeli photojournalism

コメント

ページの先頭へ