Dec
23
2006

Printers 光と写真と写真家と

横浜赤レンガ倉庫で開かれている「Printers 光と写真と写真家と」を見に行ってきました。
一つの作品をプリンター自身の解釈で焼き上げる。
プリントも作品の重要な一部なのだと改めて感じさせられます。
撮影して(現像)プリントをする。
やっぱり工程は2つだ。撮りっぱなしじゃない。

プリントしている間は、どれが自分の色なのかいつも迷うのだけど、
こうして客観的に並べてみてみると、
自分がいいなぁ?、心地よいなぁと感じるプリントを見つけることができる。
そんなプリンターさんが何人もいた。
言葉で微妙なニュアンスを伝えられないのが残念なんだけど。
私の写真をプリントしてくれたプリンターさんも出品してました。

圧倒的な写真量で見ごたえも十分。
銀塩写真の美しさを楽しめるオススメの写真展です。

コメント

ページの先頭へ