写真家としての永井荷風 | murmur

Mar
01
2007

写真家としての永井荷風

今月号の雑誌TITLEは新・写真道楽!と題して写真の見方・撮り方・遊び方を特集しています。(買い方も取り組んでくれ?)

面白かったのは、永井荷風の撮った写真。
永井荷風といえば歴史に残る作家ですが、写真の腕もなかなかのもの。風俗史としても楽しめますね。
興味があるかたは雑誌を読んでみて下さい。

写真っていうのは、「名作撮ってやろう」とか、「いい絵ができるかな」なんて思ってしまうのが一番だめな態度。荷風には、そういうところがまったくない。だから写真がよくなる。

・・・いい意味での素直さを持って、小さな感動を撮っているわけだ。
そういう写真こそいいんですよ。それなのに、「ここの光と影の微妙な加減が・・・」なんて言っているようじゃ、大事なものが見えなくなっちゃうだけだよ。

━ 荒木氏の言葉 TITLE4月号より

コメント

アドレスは非公開です。お気軽にコメント下さい。


※HTMLタグは使用できません。



ページの先頭へ