Oct
16
2010

子連れ国内旅行その2 写真で綴る渋温泉お散歩編

写真で綴る渋温泉お散歩編です。
サムネールをクリックすると写真が拡大、拡大写真の左右をクリックすると、このエントリーの全写真が見れます。

1歳と一緒にのんびり ぶらり旅

都心から長野まで新幹線で1時間位、長野から湯田中までは長野電鉄特急で1時間弱。箱根に飽きたら渋温泉へGO!長野電鉄の先頭はオールガラス窓で見晴らし良し。自由席なので、早めに並んで席を取るべし。外国人の観光客もたくさんいました。

湯田中に到着。
駅の脇には足湯があり、旅の疲れを癒してくれます。駅周辺にはコンビニや郵便局が。渋温泉エリアにはコンビニがないので、ここで色々調達すべし。(と後で気付いた)
駅から渋温泉まで公共バスが出ています。私たちは荷物が多いのでタクシーで行きました。

渋温泉に到着。
石畳の坂道に外湯や旅館が並びます。
こじんまりしてますが、特に夜は街頭の光が美しく情緒あり。

温泉卵。

外湯は9つあり、それぞれ鍵がかかっているので宿で鍵を貰います。手ぬぐい(有料)に9つのスタンプをおして外湯めぐりもいと楽し。ただ一人だとちょっとさびしいのと、湯がめっちゃ熱い。(道ですれ違ったおじさん談)
私は9つ目の湯だけ入ったけれど、洗髪禁止で石鹸も何もなくただ湯がでーんとあるだけなので、体洗うなら持ち物要確認。

足湯も数箇所あります。

我が1歳児も初足浴!
足バタつかせて上機嫌でした。

天才バカボンに出てきそうな懐かしい交番。

渋温泉から湯田中へずっと下りていった所。
建築物が素晴らしいです。

保育園発見!
渋い!
園児の遊びは花札とかですか(ダメダメ)

タクシーの運転手さんに教えてもらった激旨のカツ丼が食べられるお店、山口屋。政界のあの人も寄るとか・・・。
丼物以外にそばやカレーなどもあります。
場所は、渋温泉から湯田中へ下り歩いて15分位。「よろずや」の下方です。

見よ、このカツの厚さを!
これで750円也。
因みに店内のランキングではソースカツ丼が1位でした。

渋温泉に行ったら猿の温泉も見ないと!
というわけで、地獄谷へ。
宿から地獄谷へはタクシーで10分程度。
そこから山の中を登っていきます。
温泉地でこんなにも緑に囲まれるとは想像もしなかった。

マイナスイオン吸引中

途中休憩所があります。
猿に会えるまでもう少し。
運動不足気味の私は既に足が・・・

子は午前寝中。

ここは旦那の踏ん張りどころ。
頑張って重い塊を運んでもらいます。

野性の猿発見!
とうとう会えたね。
かなり人間慣れしてます。
授乳していたり、お互いにノミ取りをしたりとリラックスムード。

ここは猿専用の温泉です。
係員が餌付けをしてるからこんなに集まってるのかな。
冬場の方が寒いので温泉にもよくつかってるらしい。
地獄谷&猿の公苑、かなり楽しかった。

昔ながらの八百屋さん。
夜の散歩もまた楽し。

千と千尋の神隠しでモデルとなった場所だそうです。
夜はライトアップされていて幻想的で美しかったです。

おしまい。

コメント

コメントが2件あります

  1. 素敵な場所ですね?。温泉、私も行ってみたいです?。離乳食はやっぱりどこでも大変ですよねえ。私は、外出だと、睡眠よりごはんが苦痛でした。
    非日常はなかなか楽しいようで疲れることも多いですが、いい思い出ですよね♪
    長野鉄道、乗ってみたくなりました?。

  2. 渋温泉、なかなか良かったですよ!
    長野電鉄は、鈍行で止まる駅もかなり味があって、時間があれば下りて散歩でもしたいなと思わせる風景がありました。
    そして私も離乳食がかーなーりー大変でした・・・。
    自分のご飯もゆっくり食べれないし、子は泣き洋服は汚れ大惨事。毎回胃がキリキリします 苦笑
    離乳食(後期)の大変さは想定外でした ^^;。

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ