Oct
30
2008

Barry Mastellerという画家

前に海外のアート系雑誌を読んでいて目に留まったBarry Mastellerという画家Boulevardというシリーズの中の1枚を見て、「ああ、これだ!」と思った。心を打つ作品に出会ったとき、ああ、これだ! 同じだ!って思う。何が同じでどれがそれなのかはっきりと分からないけど、何か「確信」のようなものを感じるのだ。

ART WORKSでのインタビューによると、両親が離婚し孤独な少年時代を過ごした彼は、むなしさをドラッグで埋めていた。薬で捕まった後California Youth Authorityに送られ、そこで絵画と出会い人生が変わったという。文字通り、絵が彼の人生を救ったのであった。

彼は風景を中心に描いているけど、私は都市を描いたBoulevardシリーズが一番好き。以下、このシリーズについての記事の抜粋。

The paintings are all views from hotel windows in the early morning hours. Tension and tranquility share space on the same canvas, and Masteller likes it that way.

“You think of traditional landscapes as being something peaceful and the city as something violent, but the landscape is equally violent in its own right, and the city can be equally as peaceful. You go out on 57th Street or Park Avenue at 3 a.m. and you don’t see a car. You don’t see a person. It would be just like being out in the forest. It’s fantastic.”
ART WORKS - BARRY MASTELLERより

3AM。。。
何か不思議な力というか空気を感じる時間帯である。何なんだろうね、あれは。

コメント

ページの先頭へ