May
27
2007

映画「14歳」

映画「14歳」を観にいってきた。

14歳の頃、飼育小屋を燃やし、彫刻刀で教師を刺してしまった深津綾は、
そのトラウマを克服しようとするがごとく中学教師になり、現在は中学二年生を教えている。

深津の同級生だった杉野浩一は、14歳の頃大好きだったピアノを
教師の何気ない一言で断念してしまう。
現在は平凡なサラリーマンとして生活をしているが、
ひょんなことから14歳の少年にピアノを教えることになる。。。

またこの子の練習曲ってのが、ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」なんすよ。
メロディがとてもキレイで、そんなに難しくないので、
長くピアノ離れちゃった人にもオススメの曲。(上の動画)

この作品の面白いところは、
ただ14歳にスポットを当てているのではなく、
実際にもがき苦しんでいる14歳と
同じく14歳の道を通ってきた大人との2つの視点から描かれている点。

かつては同じ痛みを抱えてきた自分だから14歳を理解できる
というのは大人の驕りで、
人間は忘れ、たえず変化してゆくという現実をつきつけられる。

描写も、静かでリアル。学校ってこんな感じだった。
生徒のしゃべり声、遠くから聞こえる体育の笛の音、
廊下をたたく上履き、静まり返ったテスト中の木々のざわめき、
放課後の赤く強い夕日が照らす教室に響きわたる校内放送。。。
あの年頃にしか聞こえない「音」も楽しめます。

家に帰って、いまさら「フラガール」を観た。
ちょ?オモシロイ!蒼井優にはまりました。

近頃は邦画がアツイっすね。

コメント

アドレスは非公開です。お気軽にコメント下さい。


※HTMLタグは使用できません。



ページの先頭へ