Sep
10
2006

時をかける少女、2回目

Pocket

時をかける少女、2回目を観にいってきた。
テアトル新宿ではモーニングショーで1日1回しかやってないので、日曜だというのに頑張って行ってきた。 A-BOYに囲まれて朝っぱらから行列です。

昨日、1983年の大林監督・原田知世版「時をかける少女」を改めて観たのですが、
これを観た後だと、あ?これはこういうことだったのね、という感じでもっと楽しめる!

大林監督の「時をかける少女」も、時代を感じさせるけど
原田知世の初々しい演技がたまらなくいい。松任谷正隆の音楽も良かった。
なんか特撮みたい(?)で、タイムリープするところなんかはかなり頑張ってる感があるけど、
内容からして今回はアニメで作って大成功だと思う。

細田監督が演出をした「おジャ魔女どれみ ドッカ?ン!」という子供向けアニメがあるのだけど、その中の40話の話が時かけの内容とかなり似ているらしい。
このアニメ、私の友達の子供が大好きだったのでなんとなく覚えてたんだよね。

あと、細田監督が「スライムもりもりドラゴンクエスト1・2」のCMも手がけてるんですね。個人的に、なんか、うれしい。。。

WEBアニメスタイル「時をかける少女」応援企画
絵コンテが見れます。特に、ラピュタなども手がけた美術監督・山本氏の美術設定&背景が素晴らしい。

ひとが、現実よりも、理想の愛を知ったとき、
それは、ひとにとって
幸福なのだろうか?
不幸なのだろうか?

コメント

アドレスは非公開です。お気軽にコメント下さい。




※HTMLタグは使用できません。

ページの先頭へ