Jan
04
2009

自分のために書いているだけ

Pocket

謎に包まれた伝説の作家J・D・サリンジャー、90歳に
                     
最近もまた読みかけて、隣を見たらダンナも読んでいた「ライ麦畑でつかまえて(The Catcher in the Rye)」。その著者であるサリンジャーが90歳を迎えたという記事。1951年の「ライ麦畑でつかまえて」発表以降は隠遁生活を始め、公の場に姿を現していないそうだけど、穏やかな生活を送っていそうですね。

「書くのは好きだし、日常的に書くことはやめていない。だが自分のために書いているだけだ。私のことはそっとしておいてほしい」
?
サリンジャー氏は1974年に20年近くの沈黙を破ってニューヨーク・タイムズ(New York Times)紙の電話インタビューに応じ、次のように語った。
「作品を出版しないでいれば、驚くほど平和な毎日だ。何かを出版すれば私の個人的な生活がひどく脅かされることになる。私は書くのが好きだ。書くことを愛している。でも今は自分自身のため、自分の喜びのために書いているだけだ」

コメント

コメントが1件あります

  1. […] 「自分のために書いているだけ」と言っていたサリンジャー。 素晴らしい作品を残してくれてありがとう。 […]

アドレスは非公開です。お気軽にコメント下さい。




※HTMLタグは使用できません。

ページの先頭へ